HOME > 太陽光リフォーム

アトリエプラスの太陽光リフォーム

 

つけつべきか、つけないべきか、と悩んだらまずは3つの基本
知る(安心)
持たせる(耐久性)
施工前の注意点(目的)
を知ることから!

快適な性活をおくり続けるために、おひさまのチカラを未来のチカラに変える!


リフォームは暮らしを快適にし、元気を与えてくれます。  
しかしその為にはただリフォーム工事をすれば良いのではありませんよね。
もちろん新しくなった住まいで快適に生活はおくれるのですが、さらに快適に生活し続ける為にはいろいろな条件を満たす必要があるはず。
その1つが安定した収入です。
安定した収入を得るために必要な基礎知識を得る必要があります。

太陽光発電

余剰電力買取と全量買取の違い

【余剰電力買取について】
余剰電力の買取制度では、太陽光発電した電気から、使った電気をまず引いて、それで残った電気があれば売電する。
このように余剰電力の買取制度では、太陽光発電した電気から、まずは自分の家で使った電気を引き算して、余り(余剰電力)が出たときに売電できます。どれだけ発電しても、消費する電気の量が発電量と同じか、それよりも多ければ、余りは出ないので売電はできません。逆に家で使う電気を節約すればするほど、余剰電力を多く出してたくさん売電できることになります。
このため、ユーザーの節電努力を促しやすい制度だといえます。
余剰電力買取

【全量買取について】

図のように全量買取制度では、余剰電力とは無関係に、太陽光発電したすべての電気を売電できます。
このとき、自分で消費する電気については、通常どおり電力会社から必要な電気を買います(買電します)。たとえ太陽光発電した電気より多くの電気を消費して、余剰電力がなかったとしても、太陽光発電した全部の電気を売電できます。全量買取制度では、「余剰電力」という考え方自体がなくなるわけです。買電した電気料金は通常どおりに支払うので、電気代を節約したければ節電する必要がありますが、売電という観点では消費電力も余剰電力も無関係です。
全量買取

売電について

経済産業大臣による設備認定を受け、平成26度中に電力会社に売電契約の申し込みを行ったもの(10kW未満)については、 10年間・37円/kWh(自家発電装置を併設している場合は30円/kWh)で買い取られます(10kW未満の設備については、家庭内で使用した残り(余剰電力)の買取に限られます)。

売電価格は、電力会社への売電契約申し込み時の価格が10年間維持されます(10kW以上は20年間)。 つまり、太陽光発電システムを早い時期に設置し、売電契約の申込みを早くするほど、 有利な価格で長期にわたって買い取ってもらえるのです。
売電価格の面から言えば、太陽光発電は、できるだけ早く導入したほうがおトクといえるでしょう。
太陽光発電の仕組み

売電単価は買電(電気代)単価の約1.5倍

みんなで使って、みんなで負担


再生可能エネルギーの固定価格買取制度で買い取られた電気はみんなで使います。 このことから、太陽光発電の余剰電力の買取に必要なコストは、全ての電気利用者が公平に負担することになっており、 電気料金の一部として費用負担が発生しています(再エネ賦課金=太陽光サーチャージ)
再エネ賦課金は、電力会社が電気を買い取るための費用に回され、最終的には太陽光発電等(再生可能エネルギー) で発電している人に届きます。 電気料金の明細を、見てみましょう。「再エネ賦課金」の記載があるはずです。 再エネ賦課金の単価は全国一律になるよう調整されており、負担額は、各ご家庭の電気の使用量に比例します。
売電単価は買う電気の1.5倍

太陽光発電の仕組み

太陽光発電の仕組み
太陽光発電システムの中心になっているのが、太陽電池です。 太陽電池は、様々な電子機器で使われている「半導体」で構成されており、半導体に太陽の光があたることで発電します。 太陽電池セル(半導体)に太陽光があたると、太陽電池の中に電子(−の電気的性質をもつ)と正孔(+の電気的性質をもつ)が発生し、電子(−)はn型側に正孔(+)はp型側に引き寄せられます。 そこで、それぞれ(−)(+)の性質を帯びたn型とp型の両極板に電線をつなげば、電力を取り出すことができるのです。 簡単にいえば、太陽電池とは、「半導体を利用して、太陽の光エネルギーを直接電力に変えるための装置」 といえるでしょう。
太陽光メニュー
リフォームコンテンツ

岡崎市・豊田市・安城市・西尾市・三河 地区のリフォーム・リノベーションをお考えなら、アトリエ プラスにご相談ください。

岡崎市・豊田市・安城市のリフォームならアトリエプラス

ウッド・アート・スタジオ株式会社
アトリエプラス リフォーム事業部

〒444-0076 
愛知県岡崎市井田町字稲場2-1
フリーダイヤル

© atelierplus

問い合わせ

ページトップに