岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店「アトリエプラス」のスタッフブログ

岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店ならアトリエプラス アトリエプラス リフォーム事業部
フェイスブック 資料請求・お問い合わせ

解体完了

リフォームの解体が無事完了し、
次は、さっそく大工工事に
入りたいところですが、、、
解体前には分からなかった部分を
みて図面通りに作るために
構造的に足りないものや必要なものを
洗い出す作業があります。

『この柱をとるからこの梁は補強しなければ!』とか

『ここに新しく柱が入るから梁を新たに入れなければ!』

『ここには新たに基礎をつくらねば!』など

図面通り作るためには、
欠かせない作業になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、本格的にリフォーム工事に
入っていきます。

3月11日

今日は、三嶋です。

ずいぶん暖かくなってきました。

ちらほら咲き出した、庭の梅も、近くの遊歩道の河津桜・小原の四季桜も満開です。

 

 

 

 

 

 

 

 

3月11日というと、色々なことを皆さんが思い出したり、考えたりする日なのかなと思います。

今回は私の独り言です。

私は7年前のこの日、愛知県の常滑市で新築住宅の上棟の現場管理をしていました。

常滑市は、私にとってはあまり馴染みのある街ではありませんでした。上棟をしていた場所も海沿いの海抜数メートル、周りに高い建物も無いような場所でした。

昼の弁当をみんなで食べ終わり、午後の作業を始めてしばらくした時、何か体がふらふらする。「あれっ!おかしいなあ、体の調子が悪いのかな」、と思ったとき。

梁の上で作業する大工さん、レッカーのオペレーターが、「地震だとその声で初めて、これは地震なんだと気が付きました。

すぐにレッカーのオペレターがラジオをつけ、東北の三陸沖で大きな地震が今起きたことが知りました。幸いこのあたりでは、たいしたことは無かったのですが、

夜、家に帰ってテレビの報道映像を見て大変ショックを受けました。

もし今日、東北で無くこの東海地区で起きた地震であったらなら・・・

昼間私の中には津波なんかまったく意識もありませんでした。といことはどんなことになっていたでしょう。ぞっとします。

我々は色々な経験をすることで、いろんな教訓・知恵を学びます。しかし実体験していないことは、ついつい忘れてしまったり、自分には関係ないと思い込んだりしてしまいます。

それ以来、私はこの3月11日は、何か大事なこと忘れないか、軽じてないか、改めて初心に戻り、確認する日にしています。

皆さんは、この3月11日何かしていますか?

またこの日でなくても、何かすると決めた日はありますか?

 

 
アトリエプラスの最新情報
 リフォームをしたい
 新築を建てたい
岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店ならアトリエプラスウッド・アート・スタジオ株式会社
アトリエプラス リフォーム事業部
〒444-0076 愛知県岡崎市井田町字稲場2-1
TEL.0564-83-5426  FAX.0564-83-5429
Copyright 岡崎市・豊田市・安城市のリフォーム atelier+. All Rights Reserved.

ページトップに