岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店「アトリエプラス」のスタッフブログ

岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店ならアトリエプラス アトリエプラス リフォーム事業部
フェイスブック 資料請求・お問い合わせ

10月2016

フローリングのメリット

新しい住宅の多くに人気の床材としてフローリングが利用されるようになりました。
以前はカーペット敷きなどの室内や畳の和室なども多くありましたが、現在ではフローリングがメインとして使われています。

フローリングのメリットに関しては、実に豊富な内容があり、外観上として室内を綺麗に見せることができます。太陽光を反射させることができるので、室内を明るく見せることにも適しています。

温度を一定に保とうとしている方にも相応しい床材として用いることができる状態にあり、一定の厚みを持っている素材を使っているので、断熱効果を得ることも可能です。

嫌な静電気が発生しないこともメリットとして挙げることができ、施工内容によって若干の違いがありますが、音を吸収しようとする機能も備わっているので、非常に利便性の高い床材として使うことができます。

他にも掃除が非常にしやすい環境を得ることができ、専用のフローリング用のワイパーなどを使った場合では、短時間で床掃除を済ませることができ、常に綺麗な室内環境を得ることができることも大きなメリットです。

イケメン揃いです

t02200293_08001067113234474651 640x640_rect_435341851

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安城の『RAKUDA』に

行って来ました

 

木曜日の夜の10時過ぎだというのに

お客さんでいっぱいです

 

左の写真が らくだ焼き

フワフワなお好み焼きです

右が 季節の野菜のソテーです

味付けは塩コショウなどシンプルな感じが多いんですが

金山時味噌が添えられていたりしてスッゴク美味しいですよ

でも。。。なんといってもスタッフさんの笑顔・笑顔!!

 

みなさんも一度。。。

 

P.S 平日でも予約したほうが確実です

 

きくちゆみこ

 

土間があることにおけるデメリット

土間と聞くと、昔ながらの田舎の家の玄関にある土を固めた場所というイメージが強いかもしれませんが、現代ではコンクリートを打ちっぱなしにしたりタイルを敷き詰めたりして、靴のまま作業ができる場所もあり普通の住宅についていることも珍しくありません。

自転車やアウトドア用品などを収納して盗難防止や手入れに便利だったり、水で掃除ができるのでペットを放し飼いにしても汚した時に清潔にできるなどメリットが多くあります。

しかし、将来のことも考えて設置しないと折角建てた家が居心地の悪い場所となってしまいます。

土間は部屋の床とは段差を設ける場合が多く、若いうちは気にならなくても高齢になった時に段差が気になることもあるかもしれないので、床と土間の段差がないフルフラットにするなど対策が必要です。

また、外の地面と近く冷たい材質であるため冬場の底冷えが厳しいことになるかもしれません。
これには部屋との仕切りを作ったり床暖房を設置したりと対策をとるといいです。

部屋の間取りによっては部屋同士の行き来が面倒になることもあるので、よく考えて設置しましょう。

映画「ブリジットジョーンズの日記」

こんにちは!渡辺です!

世の中、想定外のことが多く、映画のストーリーのようなわけには行かないことが多いですよねー。

映画「ブリジットジョーンズの日記」では、うまく行かないことばかり。恋に仕事に、体当たりで奮闘するブリジットの姿がおかしかったり、共感したり…   とってもチャーミングな女性で、私の好きな映画の中でもランキング上位に位置しています。

この秋、その続編が公開です!!!

今回はアラフォーとなった彼女に、どんなハプニングが待っているのでしょう…楽しみです!!!

前作を復習してから、映画館へ行こうと思います~♪

いちじく(^^♪

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-20-50-34続けて失礼致します!小林です^^

 

先日、担当させて頂いているK邸にて地鎮祭を行ったのですが

その時、お客様からイチジク頂きまして!

 

私、いちじく大好きなんです^^

 

 

けど、意外と社員に聞くと、そんなにいちじくを食べる事がないらしく…

私の家では時期になるとしょっちゅう食べるのになぁーと

愛知県が一番いちじく有名なのに、美味しいのになぁーと

 

担当者みんなで分けまして

 

とっても美味しかったです!

 

ありがとうございました^^

 

 

【三河】【工務店】【リフォーム】【リノベーション】【岡崎】【豊田】【注文住宅】

靴の手入れ♪

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-13-13-55-14

 

おはようございます、小林です!

風邪も流行っていると巷の噂の中

その流行りに早速乗っかってます…

 

 

 

 

さて、K邸地鎮祭時に、泥の中に埋まってしまった靴の修繕作業を先日のお休みの時にしました!

私、靴はまぁまぁな量を持っているのですが、1つ1つ直しながら、ながーく履きたいタイプでして。

なので、自分で手入れができる革靴系統が多いです。

 

しばらく、何にも手入れをしてなかった写真の靴。

すり減って白くなってしまっている上に泥だらけ(笑)

お仕事靴として履く頻度が高いので、、、

 

まず、泥をとって…

そのあと、革用汚れ取りスプレーっていうのがあるんで

それを吹きかけて数分…めっちゃ布が汚くなります^^;

古い靴スミも取るんで

 

その後、スミを塗って

磨いて…私、3種類ぐらいの布を使い分けて磨きます^^

 

黒くない所はクリームを塗って…%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-13-14-31-29

 

写真じゃ分かりにくいけれども

いい黒光りになりました!

 

そろそろ、次は靴の踵を直したいな―…と

 

なかなか靴の量が減らないわけです^^;

 

土間があることにおけるメリット

昔の住宅には土間のある家もありましたが、最近の住宅で土間のある家を探すのは難しい事です。
それは限られた敷地に限られた建蔽率や容積率で家を建てるために、余裕が無くなったともいえるでしょう。

土間のある事だけで住宅の住空間に余裕を感じられますし、屋内にそのまま入れることができる便利さもあります。
外部空間と内部空間の境目に土間というあいまいな空間を造る事で、多種多様な使い方が出来るのです。

例えば庭で簡単な作業をしたり庭木菟りをした場合でも、休憩をしたりお茶を飲んだりする時も靴を履いたまま床部分に腰掛け一服できる手軽さがあるのです。

椅子やテーブルを置いておけば、近所の方が訪問してきてもちょっとした用事はここで済まされるでしょう。

自転車なども雨風をしのげる場所の無い時は、夜間だけでも土間に置いておけば安心ですし長持ちさせることができます。

明日はごみ出しの日という時はごみの仮置き場にも利用できますので、次の日に出す事を忘れたという事も無いのです。

この様に土間は使う人のアイデアや考えて、いろいろ多機能に使えるのできっと重宝する事でしょう。

紙門松を作りました。

こんにちは神谷です。

この間、紙門松を作りました。紙でできた門松です。

地域で飾ってもらえるよう、PTA父兄の方たちと作成しています。

作り方はむずかしくないですが、

縁起ものですから、丁寧にやらないと のりがはみ出たり、ゆがんだり、

ボツになります。

簡単なようでむずかしいです。

 

近所では、お正月にこの紙門松を飾っていらっしゃるお宅が多いです。

楽しみに待っていらっしゃる方が、たくさんいるかと思うと、

力が入ります!

 

 

 

 

ゆりの花

161014_0858

事務所の花壇とフェンスの隙間から

こんな立派なゆりが咲きました

球根を植えた覚えは無いんですが

夏ごろからすこしづつふくらみだして

10月になって やっと咲きました

3日ほどで枯れてしまいました

このまま放っておいて

来年も咲くのかな~?

                                  菊地ゆみこ

老後を考えたリフォーム

老後のことを考えた時に不安になることは色々とあるものですが、若い頃のように元気に動くことができなくなることで、移動しづらくなったり、転んでしまったりしてケガをしてしまう危険性が高まるということが心配になる人もいるでしょう。

事故の発生を防ぐためには、バリアフリーを導入するという手段があります。
住まいのバリアフリー環境を充実させておけば、移動する際の転倒などの事故を防ぎやすくなるのです。

なお、バリアフリーを導入する時によく選ばれる物といえば手すりです。
手すりをつけることで、安定して歩行することが出来ますし、浴室やトイレなどにつけておけば、屈んだり立ち上がったりする時に楽ですから、入浴時の負担が軽くなると言えます。

また、住まいにバリアフリーを導入する場合、段差の解消も行っておくと良いでしょう。
段差の解消と聞くと結構面倒なイメージを抱く人もいるでしょうが、ミニスロープを付けて解消する方法もあり、これなら簡単かつ安価にできるものです。

将来より快適に安心して生活するために、複数の設備を導入しておくと良いと言えるでしょう。

 
 リフォームをしたい
岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店ならアトリエプラスウッド・アート・スタジオ株式会社
アトリエプラス リフォーム事業部
〒444-0076 愛知県岡崎市井田町字稲場2-1
TEL.0564-83-5426  FAX.0564-83-5429
Copyright 岡崎市・豊田市・安城市のリフォーム atelier+. All Rights Reserved.

ページトップに