岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店「アトリエプラス」のスタッフブログ

岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店ならアトリエプラス アトリエプラス リフォーム事業部
フェイスブック 資料請求・お問い合わせ

blog

L型キッチンの特徴とは

キッチンには様々な種類があるのはご存じですか?

その種類によっては動き方が大きく違ってきますし、収納面でも違いがありますよね。
キッチンは毎日一度は立つ場所ですし、思いの外、キッチンで過ごす時間は多いものです。
よく料理をする方はキッチンにこだわりを持っているという方が多いと思います。

そこで今回は、最近話題のL型キッチンの特徴についてご紹介いたします。

L型キッチンとは文字通りアルファベットのLの形をしたキッチンのことです。
通常はコンロの部分と、シンクと調理台の部分の分かれています。

すべてが横一列に配列されていると移動が多いですが、L型キッチンだと横を向けば良いので、作業動線が短く済むのが特徴です。
複数の事を同時に行わなければならないような、忙しく料理しているときに動きが最小限で済むのは嬉しいですよね。

作業スペースがたくさんとれるところは便利ですが、どうしても折れ曲がりの角の部分がデッドスペースになってしまいがちです。

そのデッドスペースも有効に活用できれば、L型キッチンを最大限に活用していると言えるでしょう。

いかがでしたか?
キッチンを選ぶときには、あなたの料理の仕方にぴったりのキッチンを見つけてくださいね。

ペニンシュラ型キッチンのメリットとデメリット

キッチンには様々な種類がありますが、ペニンシュラ型キッチンというものを聞いたことはありますか?

今回はペニンシュラ型キッチンのメリットとデメリットについてご紹介いたします。

まずペニンシュラ型キッチンとは、どのようなキッチンかご紹介いたします。
ペニンシュラ型キッチンは日本語にすると「半島」の意味で、キッチンの左右どちらかが壁にくっついているキッチンです。

壁付けI型キッチンも同じような形になっていますが、壁付けI型キッチンより奥行きが深く、ダイニング側にも収納スペースを設けることができるのがペニンシュラ型キッチンです。

さて、そんなペニンシュラ型キッチンのメリットとデメリットですが、まずはメリットから。

このキッチンは基本的にリビングの方を向いて立つことが多いので、家族とのコミュニケーションをとりながら料理をすることが可能です。
一人で立つことの多いキッチンですから、家族と話しながら料理ができるのは嬉しいですよね。

次にデメリットですが、油や煙がリビングの方に流れて行ってしまうということがあげられます。
これを防ぐためには、コンロのすぐ近くの壁に換気扇を取り付けると良いでしょう。

いかがでしたか?
ぜひ参考にしてくださいね。

アイランド型キッチンのメリットとデメリット

キッチンには様々な種類がありますが、アイランド型キッチンをご存知ですか?
よく料理をする方はアイランド型キッチンに憧れてる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はアイランド型キッチンのメリットとデメリットについてご紹介致します。

まず、アイランド型キッチンとはキッチンが壁に接していない完全に独立したキッチンの事です。

それではまずはメリットから見ていきましょう。

このキッチンはどの方向からも囲むことができるのでコミュニケーションがとりやすく、パーティなどを行いやすいです。
複数で料理をするときなどもやりやすいですね。
また、アレンジができるのもこのキッチンのメリットです。
例えば、キッチンを二列にして一方を壁付けにして、一方をアイランド型にする…などです。

次にデメリットです。
デメリットはキッチンが完全に丸見えであることです。
常に綺麗にすることを意識しなくてはならないですね。
また、どうしても匂いがリビングの方へ広がってしまうこともデメリットです。
そして、壁に接していないので吊戸棚をつけることもできず、収納面で劣ります。

いかがでしたか?
過ごす時間が多いキッチンだからこそ憧れだけでは決めずに、メリットとデメリットを知って選びたいですね。

ライフプランを考えながらどんな家にするか決めましょう

新築でお家を買う時や、お引越しで新しい土地に新しい賃貸を借りるときは新生活にドキドキしますよね。

こんな家が良いな
この部屋は趣味の部屋にしよう
こんなキッチンで料理をしたいな

と様々な想像が膨らむことでしょう。

しかし、憧れだけで家を決めては後々過ごしにくくなってしまうこともあります。

その家でどんな過ごし方をして、この先どんな風に生活が変わっていくのかをしっかり考えながら、家を選びましょう。

引越し後に後悔しないためには、ライフプランを考えることがポイントです。

例えば、この先家族が増える予定がある、または就職などで減っていく予定がある、という時は部屋の数や広さが変わってきますよね。

家族が増える予定の場合、将来の子ども部屋を作っておく必要がありますし、子どもが複数いる場合は一人部屋にすることも考えて仕切りをすぐに取り入れられる作りにしておくのも良いですね。

引越しをしてから数年の内に誰かが出ていく予定がある場合は、空いた部屋の用途はどうするのかを考えておけば、余分に他の部屋を作る必要がなくなるかもしれません。

もし都合に合わずリフォームなどをしようと思うと、安くない費用がかかります。
最初から将来どうなるのかライフプランを考ておきましょう。

お部屋をスッキリ見せたいときはインテリアを統一しよう

お部屋がごちゃごちゃしていると人を呼ぶ気にもならないですし、自分でも過ごしていてなんだか過ごしにくいなと感じてしまうものです。

お部屋をスッキリした雰囲気に見せるには、インテリアを統一することがポイントになります。
中でも大きな面積を占める、インテリアの色を統一したいですね。

様々な色の物が置いてあると落ち着かない印象になってしまうものです。
そのため、部屋は片付いているのになんとなくごちゃごちゃした感じに見えたりしてしまうのです…。
せっかく片付いているのに、もったいないですよね。

たとえばダークブラウンでインテリアを統一すると、シックな雰囲気で片付いているような印象になります。
ソファ、テレビ台、棚などの色を統一しましょう。

ホワイトで統一した場合は、お部屋全体が明るい雰囲気になりますよ。

どうしても他の色を入れたいという場合はアクセントで小さいものを違う色にすると効果的です。
例えば緑を取り入れたい場合は、観葉植物などを置くだけでもまた雰囲気はガラリと変わりますよ。

赤と青や、黄色と青、のように主張しすぎる色同士だと落ち着かない雰囲気になるので避けるようにしましょう。

お部屋作りにおいて色というのは重要なポイントになります。
一度今のお部屋を見直してみてくださいね。

住宅を安く購入するための制度にはどういったものがあるの?

お引越しや家の購入というのは人生で何度も経験するものではないので、様々な手続きや費用関係についてよく知らないという方がほとんどなのではないでしょうか。

実は住宅を購入するときには補助金が出たり、減税してくれる制度などすることがあります。

そういったものはしっかり知って、お得にお引越し等をしたいですよね。

そこで今回は、住宅を安く購入するための制度についてご紹介いたします。

・補助金制度

例えばエコ住宅の購入やエコリフォームをした場合には、エコポイントが発行されます。
エコポイントは様々な物と交換できるポイントです。
また地域型住宅グリーン化事業というものがあり、木造住宅や建物を建てるとその何割かの補助金が出る制度となっています。

・減税制度

新築やリフォームをしたときに、条件をクリアしていれば減税されるという制度です。
その金額は数百万円になることもあるので、知らなければ損ですよね。

・その他

他にも火災保険料を軽減する制度もございます。
家によって火事の起こりやすさは違ってきますよね。
例えばコンクリートの家と木造の家では火事の起こりやすさが全然違いますし、実際に火災保険料も木造住宅の方が高くなっているものです。
しかし木造でも構造を変えると、安い火災保険料にすることができますよ。

いかがでしたか?
住宅に関する助成制度はたくさんありますので、家を購入する前にしっかりチェックするようにしましょう。

壁面クローゼットとウォークインクローゼットの違い

クローゼットには壁面クローゼットと
ウォークインクローゼットがあります。

それぞれにメリットとデメリットがあるので説明していきます。

まず、壁面クローゼットは、横一面に衣類が並ぶので
一目で何があるのか把握できる点や
比較的省スペースで沢山の洋服を収納できる
という点がメリットとなります。

対して、ウォークインクローゼットは
衣類と一緒にスーツケースなどのかさばるものも
置くことができる点がメリットです。

デメリットとして、壁面クローゼットは
ウォークインクローゼットほど、かさばるものが置けず、
ウォーキングクローゼットは
広いスペースが必要になってしまう点が挙げられます。

単位面積当たりの収納可能な洋服数は
壁面クローゼットの方が多いので、単純に沢山の洋服を収納したい、
という方には壁面クローゼットの方が向いています。

しかし、洋服以外にもスーツケースなど、
かさばるものも収納したいという方には
ウォークインクローゼットも選択肢に含めた方が良いでしょう。

クローゼット選びは自分がどれだけ衣類を持っているのか、
などを参考に選ぶことが必要です。

水回りリフォーム成功のポイント

トイレや浴室、キッチンなどの水回りは
水を良く使う場所なので痛みや古さが出やすく、
また、毎日使う場所なので、使いやすくしたい
という希望も出やすい部分です。

水回りのリフォームの時期やタイミングは
見た目だけで判断してはいけないと言われています。

壁の中の配管や床下の排水など、見た目だけでは分からない、
部品の傷みがある場合もあるので
劣化が進んで修理が必要になることが分かる頃には
水漏れなどで、修理代が大幅にかかる可能性があるのです。

定期的に点検をしてもらって
水まわりのリフォーム時期を逃さないようにすることが
費用を安く抑えるポイントです。

水回りのリフォームは
配管や排水が関わってくるので、別々に行うよりも
同時に行った方が、費用の節約になることが多いです。

気になる箇所がある場合には
他のリフォームを並行して行うことでお得になる場合も多いので、
専門の業者に相談することがおすすめです。

リフォームをする時には、カタログで選ぶことが多いのですが、
家族が使いやすいものを選ぶためには、
実物をしっかりと確認してから決めることがおすすめです。

ショールームと実際の家との違いとは?

注文住宅として家を建てようと決めた場合、
判断しなければならない案件が山積みになりますよね。

まずは、外観から始まることが多いのですが、
実際に暮らしてみると気になるポイントは
家の中に多く出てきてしまいます。

時間がない中で、様々な選定に疲れを感じてしまっても、
ショールームに足を運び体感することはとても大切です。

しかしショールームは天井がなく、間仕切り壁もないので
実際の家より商品が小さく見える傾向にあります。

思ったより小さいから、もうワンサイズ大きめの方がいいかな?
と感じた時は、天井があることを考慮し再考してみて下さい。

また、照明による違いもあります。

ショールームは特殊な照明を使っているので、
実際の色と少し違う印象を受けてしまうかもしれません。

既に照明を決めている場合は
その明かりの下での印象を確認しましょう。

さらに、ショールームでは靴を履いており、
実際の家よりも高さに、少し違和感を感じるはずです。

特に気を付けて欲しいのがキッチンです。

数cmの違いで、作業時の使い勝手が大きく変化します。

合わない高さで作業を続けると
腰痛の原因にもなりますので
ショールームには、ヒールの靴は避けて行きましょう。

収納を充実させるためのクローゼットのリフォームとは

収納を充実させるために
クローゼットのリフォームをする人も多いですが、
ではどのようにしたら収納を充実させることができるか
ご存知でしょうか。

まず、一番大切なことは
狭くても使いやすいように扉を引き戸にすることです。

引き戸にすれば、扉を開けるためのスペースも必要なく、
部屋を広く使うことができます。

二番目に大切なことは
収納したい衣類の種類や数、間取りで選ぶことです。

ハンガーにかけるタイプの洋服が多いのに、
引き出しタイプの収納をたくさん作っても意味がありません。

どういう衣類があるのか、その種類や数を
把握しておくことも大切です。

三番目に大切なのは、結露や湿気を防ぐために
壁面の断熱リフォームも併せて行うことです。

どんなに収納スペースがたくさんあっても
結露がひどく湿気がこもった場所では
大切な衣類も収納することができません。

衣類を守ることができる環境づくりも大切なのです。

収納を充実させるためのクローゼットのリフォームとは
ただスペースを確保すれば良いわけではありませんから、
しっかり考えて行うようにしましょう。

 
アトリエプラスの最新情報
 リフォームをしたい
 新築を建てたい
岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店ならアトリエプラスウッド・アート・スタジオ株式会社
アトリエプラス リフォーム事業部
〒444-2123 愛知県岡崎市鴨田南町2番地15 1F
TEL.0564-83-5426  FAX.0564-83-5429
Copyright 岡崎市・豊田市・安城市のリフォーム atelier+. All Rights Reserved.

ページトップに