岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店「アトリエプラス」のスタッフブログ

岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店ならアトリエプラス アトリエプラス リフォーム事業部
フェイスブック 資料請求・お問い合わせ

blog

大工工事@I様邸

岡崎市・豊田市・安城市の自然素材を使ったおしゃれな住宅、

リフォームはアトリエプラス。

 

4日ほど前からできた口内炎に悩まされている石川です。

刺激物が食べれずつらい・・・

 

 

 

今日幸田町で現在建築中の

I様邸の現場に行きました。

(ちなみにこちらは

ウッドアートスタジオのお客様です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回最後に見たのは上棟時だったのですが、

外観が出来上がってきている状態。

 

こちらのお家は車が大好きなご夫婦。

玄関入って広がるのは

大空間のガレージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間取りの関係で面白い形をしています。

構造の組み方も面白い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LDK。

今日も大工さんが作業をされてました。

いつもありがとうございます。

 

営業だと普段現場を見る機会が少ないので

こういった時間も大事にして

少しでも勉強していきたいです。

 

 

 

 

また現場レポートします。

 

LDKの大きさ。

岡崎市・豊田市・安城市の自然素材を使ったおしゃれな住宅、リフォームはアトリエプラス。

こんにちは。

営業の石川です。

 

突然ですがみなさん。

”50㎡のLDK”と聞いて、何を感じますか?

私たち建築業界の人間や、ちょっと住宅に関心がある方はすぐ大きさがわかると思いますが

大抵の人は、「え?そもそもどのぐらい?」と思うかと思います。

私たちは一般的に、1㎡=0.3025坪と計算します。

50㎡で15坪ちょっと。つまり約30帖を指します。(2帖で1坪です。)

この辺りの計算は覚えておくとお家づくりには便利かと思います。

 

さて、30帖のLDKって大きいですか?小さいですか?

LDKの平均的な大きさは16〜21帖といわれています。(イエタテさん調べ/2016年)

なので大半の人は大きいと思うかと思います。

でも中には”ちょうどいい”、もしかしたら”ちょっと小さい”なんて思う人もいるかもしれません。

感覚は、今まで住んでいた環境や価値観で大きく違います。

もし自分たちのイメージしている大きさがわからない場合は

建築会社さんでやっている見学会等に足を運んで、

大きさの感覚を掴んでいくことをおすすめします。

雪です。

岡崎市・豊田市・安城市の自然素材を使ったおしゃれな住宅、リフォームはアトリエプラス。

おはようございます。

営業の石川です。

 

 

雪ですね。

みなさん運転など大丈夫でしょうか?

 

事務所内で1.2を争って家が遠い私が

一番乗りで事務所に着きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事務所からの景色です。

雪化粧をした事務所を初めてみました。

 

 

 

さて、グランドオープンで内覧会も実施したモデルハウスですが

お声かけいただければ随時見学できます。

ご興味がありましたら事務所へお問い合わせください。

 

時間|10:00〜18:00(以外の時間もご希望でしたらご相談ください。)

水曜定休日です。

 

グランドオープンイベントを開催!

岡崎市・豊田市・安城市の自然素材を使ったおしゃれな住宅、リフォームはアトリエプラス。

こんばんは、営業の石川です。

新年あけましておめでとうございます。

本年度も宜しくお願い致します。

 

年明け早々ですが、弊社の新社屋・モデルハウス開設を記念して

グランドオープンイベントを開催いたします!

 

 

 

 

 

 

 

以前の事務所よりも落ち着く空間になっており、

インテリアのひとつひとつにこだわりがあります。

もちろんモデルハウス内覧会も実施。

すでに入居されるお客様は決まっていますが、

無骨でかっこいい仕上げになっております。

 

新春運試し抽選会では豪華賞品が当たるチャンス!

その他イベントも開催しています。

詳しくはこちらをご覧下さい。

 

皆様のご来場、お待ちしております^^

L型キッチンの特徴とは

キッチンには様々な種類があるのはご存じですか?

その種類によっては動き方が大きく違ってきますし、収納面でも違いがありますよね。
キッチンは毎日一度は立つ場所ですし、思いの外、キッチンで過ごす時間は多いものです。
よく料理をする方はキッチンにこだわりを持っているという方が多いと思います。

そこで今回は、最近話題のL型キッチンの特徴についてご紹介いたします。

L型キッチンとは文字通りアルファベットのLの形をしたキッチンのことです。
通常はコンロの部分と、シンクと調理台の部分の分かれています。

すべてが横一列に配列されていると移動が多いですが、L型キッチンだと横を向けば良いので、作業動線が短く済むのが特徴です。
複数の事を同時に行わなければならないような、忙しく料理しているときに動きが最小限で済むのは嬉しいですよね。

作業スペースがたくさんとれるところは便利ですが、どうしても折れ曲がりの角の部分がデッドスペースになってしまいがちです。

そのデッドスペースも有効に活用できれば、L型キッチンを最大限に活用していると言えるでしょう。

いかがでしたか?
キッチンを選ぶときには、あなたの料理の仕方にぴったりのキッチンを見つけてくださいね。

ペニンシュラ型キッチンのメリットとデメリット

キッチンには様々な種類がありますが、ペニンシュラ型キッチンというものを聞いたことはありますか?

今回はペニンシュラ型キッチンのメリットとデメリットについてご紹介いたします。

まずペニンシュラ型キッチンとは、どのようなキッチンかご紹介いたします。
ペニンシュラ型キッチンは日本語にすると「半島」の意味で、キッチンの左右どちらかが壁にくっついているキッチンです。

壁付けI型キッチンも同じような形になっていますが、壁付けI型キッチンより奥行きが深く、ダイニング側にも収納スペースを設けることができるのがペニンシュラ型キッチンです。

さて、そんなペニンシュラ型キッチンのメリットとデメリットですが、まずはメリットから。

このキッチンは基本的にリビングの方を向いて立つことが多いので、家族とのコミュニケーションをとりながら料理をすることが可能です。
一人で立つことの多いキッチンですから、家族と話しながら料理ができるのは嬉しいですよね。

次にデメリットですが、油や煙がリビングの方に流れて行ってしまうということがあげられます。
これを防ぐためには、コンロのすぐ近くの壁に換気扇を取り付けると良いでしょう。

いかがでしたか?
ぜひ参考にしてくださいね。

アイランド型キッチンのメリットとデメリット

キッチンには様々な種類がありますが、アイランド型キッチンをご存知ですか?
よく料理をする方はアイランド型キッチンに憧れてる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はアイランド型キッチンのメリットとデメリットについてご紹介致します。

まず、アイランド型キッチンとはキッチンが壁に接していない完全に独立したキッチンの事です。

それではまずはメリットから見ていきましょう。

このキッチンはどの方向からも囲むことができるのでコミュニケーションがとりやすく、パーティなどを行いやすいです。
複数で料理をするときなどもやりやすいですね。
また、アレンジができるのもこのキッチンのメリットです。
例えば、キッチンを二列にして一方を壁付けにして、一方をアイランド型にする…などです。

次にデメリットです。
デメリットはキッチンが完全に丸見えであることです。
常に綺麗にすることを意識しなくてはならないですね。
また、どうしても匂いがリビングの方へ広がってしまうこともデメリットです。
そして、壁に接していないので吊戸棚をつけることもできず、収納面で劣ります。

いかがでしたか?
過ごす時間が多いキッチンだからこそ憧れだけでは決めずに、メリットとデメリットを知って選びたいですね。

ライフプランを考えながらどんな家にするか決めましょう

新築でお家を買う時や、お引越しで新しい土地に新しい賃貸を借りるときは新生活にドキドキしますよね。

こんな家が良いな
この部屋は趣味の部屋にしよう
こんなキッチンで料理をしたいな

と様々な想像が膨らむことでしょう。

しかし、憧れだけで家を決めては後々過ごしにくくなってしまうこともあります。

その家でどんな過ごし方をして、この先どんな風に生活が変わっていくのかをしっかり考えながら、家を選びましょう。

引越し後に後悔しないためには、ライフプランを考えることがポイントです。

例えば、この先家族が増える予定がある、または就職などで減っていく予定がある、という時は部屋の数や広さが変わってきますよね。

家族が増える予定の場合、将来の子ども部屋を作っておく必要がありますし、子どもが複数いる場合は一人部屋にすることも考えて仕切りをすぐに取り入れられる作りにしておくのも良いですね。

引越しをしてから数年の内に誰かが出ていく予定がある場合は、空いた部屋の用途はどうするのかを考えておけば、余分に他の部屋を作る必要がなくなるかもしれません。

もし都合に合わずリフォームなどをしようと思うと、安くない費用がかかります。
最初から将来どうなるのかライフプランを考ておきましょう。

お部屋をスッキリ見せたいときはインテリアを統一しよう

お部屋がごちゃごちゃしていると人を呼ぶ気にもならないですし、自分でも過ごしていてなんだか過ごしにくいなと感じてしまうものです。

お部屋をスッキリした雰囲気に見せるには、インテリアを統一することがポイントになります。
中でも大きな面積を占める、インテリアの色を統一したいですね。

様々な色の物が置いてあると落ち着かない印象になってしまうものです。
そのため、部屋は片付いているのになんとなくごちゃごちゃした感じに見えたりしてしまうのです…。
せっかく片付いているのに、もったいないですよね。

たとえばダークブラウンでインテリアを統一すると、シックな雰囲気で片付いているような印象になります。
ソファ、テレビ台、棚などの色を統一しましょう。

ホワイトで統一した場合は、お部屋全体が明るい雰囲気になりますよ。

どうしても他の色を入れたいという場合はアクセントで小さいものを違う色にすると効果的です。
例えば緑を取り入れたい場合は、観葉植物などを置くだけでもまた雰囲気はガラリと変わりますよ。

赤と青や、黄色と青、のように主張しすぎる色同士だと落ち着かない雰囲気になるので避けるようにしましょう。

お部屋作りにおいて色というのは重要なポイントになります。
一度今のお部屋を見直してみてくださいね。

住宅を安く購入するための制度にはどういったものがあるの?

お引越しや家の購入というのは人生で何度も経験するものではないので、様々な手続きや費用関係についてよく知らないという方がほとんどなのではないでしょうか。

実は住宅を購入するときには補助金が出たり、減税してくれる制度などすることがあります。

そういったものはしっかり知って、お得にお引越し等をしたいですよね。

そこで今回は、住宅を安く購入するための制度についてご紹介いたします。

・補助金制度

例えばエコ住宅の購入やエコリフォームをした場合には、エコポイントが発行されます。
エコポイントは様々な物と交換できるポイントです。
また地域型住宅グリーン化事業というものがあり、木造住宅や建物を建てるとその何割かの補助金が出る制度となっています。

・減税制度

新築やリフォームをしたときに、条件をクリアしていれば減税されるという制度です。
その金額は数百万円になることもあるので、知らなければ損ですよね。

・その他

他にも火災保険料を軽減する制度もございます。
家によって火事の起こりやすさは違ってきますよね。
例えばコンクリートの家と木造の家では火事の起こりやすさが全然違いますし、実際に火災保険料も木造住宅の方が高くなっているものです。
しかし木造でも構造を変えると、安い火災保険料にすることができますよ。

いかがでしたか?
住宅に関する助成制度はたくさんありますので、家を購入する前にしっかりチェックするようにしましょう。

 
アトリエプラスの最新情報
 リフォームをしたい
 新築を建てたい
岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店ならアトリエプラスウッド・アート・スタジオ株式会社
アトリエプラス リフォーム事業部
〒444-0076 愛知県岡崎市井田町字稲場2-1
TEL.0564-83-5426  FAX.0564-83-5429
Copyright 岡崎市・豊田市・安城市のリフォーム atelier+. All Rights Reserved.

ページトップに