岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店「アトリエプラス」のスタッフブログ

岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店ならアトリエプラス アトリエプラス リフォーム事業部
フェイスブック 資料請求・お問い合わせ

未分類

事務所植え込み

今日は、三嶋です。

昨日の続きになります。

事務所入口の植栽について、番外編ということで。

昨日4月28日

 

 

 

 

 

 

 

今日の朝です

 

 

 

 

 

 

 

1日でほんのり色づいてきました。

このイチゴ、植木屋さんの植栽の一部?

 

実は、昨年スタッフがプランターに植えたもので、新事務所にそのまま引っ越してきたのですが、いつの間にか、プランターから地植えされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

といことで、ひっそり元気に育っています。

新緑の季節です

今日は、三嶋です。

新緑の季節です。

GWも始まりますね。

4月28・29・30日モデルハウスの見学会を行います。ご来場をお待ちしております。

新事務所になってから、入口の植栽で癒されてます。

今日は、ちょっとその状況を・・・・・

4月1日                    今日4月28日

4月初めには、【ジュンベリー】の白い花が咲きました。

今は、小さな実がついてます。

 

そして、今は【えごのき】の白い花が咲き出しました。

 

まだまだいろんな植物が花をつけたり、実をつけたり、結構身近なところで楽しんでいます。

 

ライフスタイル提案する家造り

今日は、三嶋です。

先日、浜松で、「地域材を生かしたライフスタイル提案するモデルルームの内覧会」にいってきたので、その様子を

この建物は、鉄筋コンクリート造3階建ての賃貸マンションです。

 

 

 

 

 

 

 

 

4つのライフスタイルを提案する為に、4つのルームスタイルが用意されています。

 

・MADE  IN JAPAN    地域材「天竜材」を使った地域材コンセプトルーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

・BROOKLYN  STUDIO  ビンテージ感ある絶妙なコーディネート。

 

 

 

 

 

 

 

 

・FRAENCH  VILLA       家族と自然。愛すべき時が流れる  。

 

 

 

 

 

 

 

 

・CALIFORNIA  SWELL   自由を楽しむ。自然を楽しむ。ラフ楽しむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなコンセプトで、部屋の仕上げ、建具、家具等がコーディネートしてあり、同じ空間でも、コーディネートの違いで、こんなに変わるのかとか、いろんなライフスタイル創造する楽しみ方があると感じました。

 

リフォーム・リノベーションにはもちろん、新築の家でも大変参考になる興味深いものでした。

ZEH住宅

今日は、三嶋です。

本当に暖かくなり、場所によっては、桜もチラホラ咲きだしました。

先日名古屋で、2018年度3省連携事業「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの推進に向けた取り組み」の合同説明会に行ってきました。

簡単言えば、今年度ZEH住宅建設に当って、国からの補助金についての説明会といったことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ZEH住宅、まずは国土交通省からの補助事業で始まり、そして経済産業省、今年度からは、環境省が加わり国としてZEH住宅の普及を目指すということです。

いずれにしても、国のお金が使われる訳なので、何とか皆さんにと考えるのですが、そもそも制度を理解するのが大変で、その上手続き・制約が多く、我々中小工務店の仕事の流れの中では、日程的に無理が多くなかなか活用できなく、そのあたりを改善してくれたらもっと活用が可能になると思うのですが・・・、

大手企業の為の制度?  なんていじけています。(笑い)

ということで、今年度も補助金を頂いてZEH住宅を造ることは、かなり厳しそうです。

 

しかし、これからの住宅において、我々は、ZEH住宅は必要な家だと考えています。

そのために、補助金とは関係なく、今以上に

ZEH住宅を造る為にはどうしたらよいか、例えば断熱材の変更、断熱材の施工方法の改善。創エネの為の設備(太陽光発電等)の導入。など仕様の変更、施工方法の改善・変更、を続けていきます。

 

3月11日

今日は、三嶋です。

ずいぶん暖かくなってきました。

ちらほら咲き出した、庭の梅も、近くの遊歩道の河津桜・小原の四季桜も満開です。

 

 

 

 

 

 

 

 

3月11日というと、色々なことを皆さんが思い出したり、考えたりする日なのかなと思います。

今回は私の独り言です。

私は7年前のこの日、愛知県の常滑市で新築住宅の上棟の現場管理をしていました。

常滑市は、私にとってはあまり馴染みのある街ではありませんでした。上棟をしていた場所も海沿いの海抜数メートル、周りに高い建物も無いような場所でした。

昼の弁当をみんなで食べ終わり、午後の作業を始めてしばらくした時、何か体がふらふらする。「あれっ!おかしいなあ、体の調子が悪いのかな」、と思ったとき。

梁の上で作業する大工さん、レッカーのオペレーターが、「地震だとその声で初めて、これは地震なんだと気が付きました。

すぐにレッカーのオペレターがラジオをつけ、東北の三陸沖で大きな地震が今起きたことが知りました。幸いこのあたりでは、たいしたことは無かったのですが、

夜、家に帰ってテレビの報道映像を見て大変ショックを受けました。

もし今日、東北で無くこの東海地区で起きた地震であったらなら・・・

昼間私の中には津波なんかまったく意識もありませんでした。といことはどんなことになっていたでしょう。ぞっとします。

我々は色々な経験をすることで、いろんな教訓・知恵を学びます。しかし実体験していないことは、ついつい忘れてしまったり、自分には関係ないと思い込んだりしてしまいます。

それ以来、私はこの3月11日は、何か大事なこと忘れないか、軽じてないか、改めて初心に戻り、確認する日にしています。

皆さんは、この3月11日何かしていますか?

またこの日でなくても、何かすると決めた日はありますか?

 

住宅計画セミナー開催

こんにちは、三嶋です。

このところ、寒暖の差が激しい日が続きますね。

我が家の庭の梅もちらほら咲き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

またまた、岡崎まちゼミの時期になりました。

こりもせずまた住宅計画セミナーを開催します。

新築、リフォーム等なんでもかまいません、住宅について何か考え始めた方、まだ先のことでと思われている方でもかまいません。ぜひ一度話を聞いてみませんか。きっと何かヒントになるはずです。

 

まちゼミは、基本無料です。いろんな講座を行っていますので、是非皆さんも、岡崎まちゼミのHP、チラシをチェックしてみてください。

KITCHEN HOUSEショールーム見学

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

コーディネーターの加藤です。

 

昨年のお話ですが…

KITCHEN HOUSEさんの名古屋ショールームに研修に行ってきました。

 

キッチンハウスは皇室ご用達の最高級キッチンブランド。

既製品で決まったセットはなく、お客様のご要望に合わせて

1つ1つ作る、オーダーメイドのキッチンです。

 

こちらのキッチン。

キッチン本体、背面収納合わせると高級車が買える金額がするとのこと…

本物の木の面材、ワークトップの最高級の素材が仕様されています。

すごすぎる…

 

こちらは新素材「フェニックス」という素材を使用したキッチン。

キッチンでマットな素材はとても珍しい!

触った感触も、なんだかふわっと柔らかい、

なんとも不思議な肌触りのキッチンです。

天板とステンレスシンクとの継ぎ目のなさも良いですね。

水栓の右についているもの。

これ、洗剤を入れられるそうです。

これでシンク内に洗剤入れを置かなくていいんです…!!

なんて素敵!!!

オーダーメイドキッチンだからこそ出来ることですね。

 

食器の影が綺麗で思わず撮ってしまった1枚。笑

 

KITCHEN HOUSEのキッチン素敵!!

でも、、、オーダーメイドなのでやっぱり結構な金額がします。。。

でも諦められない!という方にはこちらの商品があります!

 

KITCHEN HOUSEの姉妹ブランド「GRAFTECT

キッチンハウスでもセレクトできる面材を使用したキッチンと家具を扱っています。

ただ、オーダーメイドではないので決まった仕様から選びます。

それでも品質はKITCHEN HOUSEとは変わらないんですよ!

こだわったキッチンだけど、ちょっとお値打ちなキッチン。

(写真撮り忘れちゃいました。。詳しくはHP見てくださいね)

 

通常、ステンレスや人造大理石を天板に使用するのですが、

GRAFTECTはEVALTという素材を使用します。

EVALTだと、木目柄の天板もあるので、

面材と天板を同じ柄にすることが出来ます。

 

また、お手入れがしやすいのも特徴です。

左が人造大理石。右がEVALT。

油性ペンでがっつり書きました!

 

クレンザーを乗せて、スポンジでこすります。

 

ちょっとこすっただけでこんなに違いが…!

もちろん、人造大理石もメラミンスポンジでこすれば

汚れを落とすことは出来ますよ。

でも、落ちやすさが全然違うのです!

毎日のお掃除、少しでも楽な方が良いですもんね♪

 

KITCHEN HOUSE、GRAFTECTにご興味あるよ!という方、

ぜひ担当コーディネーターか営業、設計までお問合せください。

 

これからお話聞きたいよ、という方。

今週末、新事務所のグランドオープンイベントをします!

ぜひ皆様、WEB予約をしてお越しください。

予約していただければ、ちょっとお得なことがありますよ。

 

今週末、Woods Art Studio新事務所でお待ちしております。

今日の新事務所

今日は、三嶋です。

今年も、一ヶ月を切りました。

歳のせいでしょうか、この一年、あっという間に過ぎたような気がします。

まもなく新事務所に引越しです。現場のほうは最後の追い込みです。

内部は、完成お披露目までは、お楽しみということで、皆さん道路から見える部分でちょっとお見せします。

本日は、外部の植栽工事と

 

 

 

 

 

 

 

玄関扉:木製造作建具、外部木製造作窓の建付け工事をしていたのでその写真になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無垢材の床の保護について

今日は、三嶋です。

先日、ある業者さんから、紹介があり、ちょっと気になったので皆さんにも紹介します。

皆さん無垢材、特に床の無垢材について、

既に使われている方、

また今後家造りで検討されている方、

お手入れや、気になることは何でしょうか?

みなさんから、よくお聞きすことは、傷・汚れ・特に何かをこぼした時のシミです。

その防止の為に、床に塗装やコーティングをする訳なのですが、ここで問題が生じます。

① 傷や汚れ防止を第一に考えると、表面を覆う塗装(ウレタン塗装)やコーティングになるのですが、それでは木の持つ優しい質感・肌触り感がなくなってします。冬ウレタン塗装の床は、素足でいると、私は爪先から冷えてくるので好きではありません。それとこれらの材料には、VOCの問題があります。

もう一方、

② オイルステン系の保護塗料を染み込ませる方法があります。この方法ですと、木のぬくもりといった優しい質感、肌触りを感じることが出来ます。

WASでは、OSMO(オスモ)、Livos(リボス)といった植物油で出来た、自然素材のものをよく使用します。同然VOCの問題もありません。

しかし、傷・汚れ、特に何かこぼした時のシミを抑えることは苦手です。

 

無垢材・無垢の床を考えている方

そもそも、皆さんにとって、無垢の床材を使う理由は何ですか?

自然素材だから、健康のこと(VOC)、長持ちする・・・・

 

私の場合は、木の優しい質感、肌触りと、長持ちすることです

なので、②の方法を採用します。そして、傷・汚れ・シミは、経年の味わいだと開き直っています。

とは言うものの、やはりペットとか子供さんとか、部分的に一時的でも、少しでも傷・汚れ・シミを減らす方法は、ということで皆さん悩まれ、ラグを敷いたり色々対策をしているのも現実です。

 

そんな中、少しでも汚れシミから守り、木の優しい質感、肌触りを感じることができものとして、今回浸透性のフッ素、シリコンタイプのコーティングを紹介していただきました。

 

処理後:水をこぼした状態          未処理:水をこぼした状態

処理後:霧吹きを掛けた状態          未処理:霧吹きを掛けた状態

 

・無垢材の汚れ防止策

・既存の無垢材を綺麗にしたい

興味のある方は、

ぜひWASまでお問い合わせください。現状の無垢床材の条件・状態によっては施工できない場合もあります。耐久年数の目安は3年程度だそうです。

今年のライブ納め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このシルエットだけで分かる方は

サザンファンですね~

 

今年最後を締めくくるライブに行ってきました

 

”桑田佳祐”のライブです!!

 

それが。。。最後を締めくくるには

最高すぎる席で

『アリーナのど真ん中・前から11列目』

今年がんばったごほうびに神様がプレゼントしてくれたのかな?と自負しております

 

そのライブでお土産にもらったのが

サザンがCMをしている

三矢サイダーでした

 

でも これがただのサイダーでは無かったんです!!

 

サザンのメンバーのシルエットと

《see  you  in  2018》の文字

 

これはもしかして 来年40周年を迎える

サザンのライブツアーの予告?

ベストアルバムなんかも出ちゃったりして

 

すみません。。。

サザンのこととなるとつい熱くなってしまって

 

サザンに興味のない方にはどうでもいい情報でしたが

 

このブログを見てくださっている サザン好きさん

来年のライブ開催を願って

仕事に 遊びにがんばりましょう

 

 

菊地ゆみこ

 

1124

 

 
アトリエプラスの最新情報
 リフォームをしたい
 新築を建てたい
岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店ならアトリエプラスウッド・アート・スタジオ株式会社
アトリエプラス リフォーム事業部
〒444-0076 愛知県岡崎市井田町字稲場2-1
TEL.0564-83-5426  FAX.0564-83-5429
Copyright 岡崎市・豊田市・安城市のリフォーム atelier+. All Rights Reserved.

ページトップに