岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店「アトリエプラス」のスタッフブログ

岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店ならアトリエプラス アトリエプラス リフォーム事業部
フェイスブック 資料請求・お問い合わせ

満腹☆

こんにちは、メイメイです。
先週の台風18号による被害はなかったでしょうか?
とても強い台風だということで、
「これは週末は家族で引きこもりだな〜」
と覚悟し早々にツタヤにGO!(笑)

引きこもりのお供にと、
子供たちにはDVD、私は漫画をレンタルして台風を待っていたのですが。。
結局肩透かし気味で通り過ぎて行きましたね(⌒-⌒; )
何事もないのが1番!

無事に過ぎ去りホッと一安心てところです。

 

先日、中学からの仲良しメンバーで、
恒例となった近況報告ランチに行って来ました♪
お店はげんき館近くにある、四川料理の「福園」。

ここのランチは凄いんです!
私は日替わりランチを食べたんですが、
ボリュームのあるメインのおかず+ふつうサイズの選べるラーメン+サラダ+山盛りご飯+フリードリンクで
なんと700円!!
この量で700円てかなりお得です!
そしてとても美味しいです♪
女子ではなかなか食べきれない量なので
持ち帰り用の入れ物を持参して行くことをオススメします(o^^o)
お腹いっぱいになりたい人はぜひぜひ行ってみてくださいね☆

    Processed with MOLDIV

NEW evoltz!

岡崎市・豊田市・安城市の自然素材を使ったオシャレな注文住宅、リフォームはアトリエプラス。

こんばんは。アトリエプラスの石川です。

 

突然ですが、

みなさんのおうちにはたこ焼き器はありますか?

最近の学生は「菓子パ」やら「鍋パ」やら「たこパ」やら

とりあえず友達とパーティーをしているイメージなので(私がしてました)

昔ほど珍しくはないのかなあとは思いますが。

 

私の家庭では2ヶ月に1度程度で晩御飯がたこ焼きになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやつの時間でもなく、お米のお供でもなく

晩御飯にたこ焼きです。

たまに驚かれますが、珍しいのかな?

 

お気に入りはしょうゆマヨです。

 

 

 

さて。

話は変わりまして。

先日井田町で現在建築中の新事務所とモデルハウスの視察に行ってきました。

with 設計課の小林さん。(写真撮り忘れた~)

 

モデルハウスはちょうど大工さんがPB(プラスターボード)を張っていました。

PBはクロスなど壁や天井の下地材です。

着々と出来上がっています・・・!

そしてモデルハウスで見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型evoltz L220!

(evoltzとは当社で使っている制震装置です。詳しくはこちら。)

現行のevoltzよりも減衰力の効きがよく、1棟に対する必要本数が半分になるとか。

実際に付いている現場は初めて見ました。

とても頼もしい。

 

続いて事務所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど作業中に撮ったのでコードが伸びた先に大工さんがいます。笑

この空間はスタッフの事務所です。

来年にはここにいるんだなあとしみじみ。

出来上がった新事務所でお客様とお打ち合わせできると思うと

わくわくします。

何でもそうですが、新しいものはわくわくしますよね^^*

いやあ楽しみ!

 

来年1月に完成オープンイベントを計画しています。

また随時お知らせいたします。

是非足を運んでください☆

入荷もとはともかく。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息子がお土産持参で仕事から帰ってきました

誕生日や母の日以外で

お土産を買ってくるなんて事 初めてです!?

理由を聞いて納得

 

パチンコで儲かったとのこと 景品だそうです

 

以前 パチンコから上機嫌で帰ってきて

儲かった・儲かったを連呼していた時

私が『最近はパチンコの景品も豪華になってるらしいなぁ~』

『お取り寄せスイーツなんかもあるんだって~』

 

手ぶらの息子にいやみを一言二言

 

そして。。。今日 このレアーチーズケーキ!!

 

いやみが効いたようです

 

ごちそうさまでした

 

菊地ゆみこ

 

 

今建っている、木造住宅の耐震レベルについて

こんにちは三嶋です。
皆さんは自分の今住んでいる家が、どの程度の耐震性があるかご存知ですか?
いきなり、こんなこと言われてもわからないですよね~

今回は、建物が建てられた時期での違いを、お話します。
建物を造るには、最低限守らなくてはならない法律があります。これが建築基準法です、あとこれを補足する為に、施工令、施工規則、告示、県条例等があります。

実は、この根本となる建築基準法の木造建築に関る地震の部分が、何度か大きく改定されています。これによって、今私たちの周りに今建っている、木造建築は、建てられた時期によって、かなり耐震性能に違いがある、というのが現状です。

そこでまず、耐震性能を決定する基本ということで、【必要壁量】についてお話します。

【必要壁量】とは、地震時・台風時に建築物にかかる地震力・風圧力(水平力)に対して、家が倒れないようにする為に必要な「耐力壁」の量のことで、この量が多ければ多いほど、地震・台風に対して強い家になるということです。

昭和25年(67年前)建築基準法制定時に、【必要壁量】の規定がされました。

昭和34年(58年前)その【必要壁量】が、制定当時の1階で1.5倍、2階で1.25倍に改定され
ました。

昭和46年(46年前)昭和43年十勝沖地震の被害を受け、基礎はコンクリート造又は鉄筋コ
ンクリート造の布基礎と規定され、風圧力(台風)に対し、見附面積に応じた規定が設けられました。

昭和56年(36年前)昭和53年の宮城県沖地震の被害を受け、耐震設計方法が大幅に変更さ
れ、さらに【必要壁量】が、前回の基準の約1.4倍、制定当時の約2倍
改定されました。

とこんな経緯で、【必要壁量】というものは、大きな地震があるたびに増加してきました。増やすことで地震に強い家にする。

そして、耐震性能において、昭和56年(1981年)を境に、昭和56年(1981年)以前の建物、以後の建物という区別がされるようになりました。

皆さんが今お住まいの家は、築何年でしょうか? 昭和56年(36年前)以前の家の場合、耐震性能の基本の【必要壁量】が少なく極めて耐震性能が低い可能性があります

こうしたことから、昭和56年以前の建物は耐震性が極めて低いということで、、皆さんが、お住まいの家の現状を把握し、命をまもるためには、どうすべきかを決定していただくために、国の指導のもと、自治体は、昭和56年以前の木造住宅について、耐震診断を無料で実施しています。

今回は【必要壁量】についてお話しましたが、実は、平成7年兵庫県南部地震後、【必要壁量】が多くても、地震で倒壊する家が続出しました。ということで、建築基準法はまた改正されました。

次回はこのお話です、耐震性能を上げる為に、合わせて、もう一つしなければいけないこと、のお話です。

街の外壁塗装やさんポータル

街の外壁やさんポータルサイト。このサイトは自身の住んでいる近くで、外壁塗装の施工をしてくれる会社を探せるサイトです。

わたしたちも、この度西三河の施工店として入りました。
外壁は太陽があたり、雨に降られとなかなか過酷な環境から私たちを守ってくれています。

そんな外壁も十何年とたつとメンテナンスが必要になってきます。
外壁の劣化はゆくゆくは構造体にも被害をもたらすかもしれない重要なものです。家そのものの寿命に大きく関わってきます。

メンテナンス周期をなるべく守って使われるのが、一番の長持ちへの道です。皆さんもご自分のお家が長持ちするように、気をかけていただければ幸いです。

外壁塗装なら点検お見積もり無料の街の外壁塗装やさんへ

木造住宅の耐震性能について

こんにちは、三嶋です。

先日、耐震技術認定者講習会に行ってきました。3年毎に、まる1日の講習と考査があります。この考査に合格しないと認定者になれません。事前に勉強しておかないと合格しません。結構大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは業界内部の認定制度なんですが、ウッド・アート・スタジオでは、住まいの構造改革推進協会というところに入会しており、その継続条件として、この技術者認定者が必ず必要なので、更新の為、3年ぶりに受けてきました。まだ結果は出ていませんが、たぶん大丈夫だと思います。

そもそも、この耐震技術認定者講習はなんの為に行なわれているかというと。

既設木造建物の耐震診断の方法、耐震補強の知識の習得する為に、精密耐震診断の方法、重心・剛心・偏心率・N値計算の方法、耐震補強の方法を理解する目的で行われています。

私は、この3年毎に更新するといことが重要だと考えています。新しい情報、忘れてしまっている事の再確認が出来ます。

今回はとりあえずの報告になりますが、次回は現状の既存木造住宅の耐震状況についてお話します。

キャンプデビュー☆

こんにちは。メイメイです。
急に朝晩が涼しくなり秋を感じるようになってきましたね。
それでもまだまだ昼間は暑い日も。。(^_^;)
1日の中で寒暖差があるせいか体調を崩しやすい時期でもあります。
気をつけていきたいですね☆

 

先日、家族で初のキャンプに行ってきました☆
ま、キャンプと行っても本格的にテントを張って。。
とかではなく全部揃ったコテージ泊なんですけどね(^^;)

キャンプは楽しいよー!と、
私の周りのキャンパー家族が口を揃えて言うものだから、
ほんとにそんなに楽しいの〜?(疑)
暑いし、虫も出るだろうし、自炊だし。。(当たり前)
そしてなんだかんだ母の仕事が多そう。。(^_^;)
とにかく大変そうだという先入観を持っていて
なかなか一歩踏み出せなかったのですが、
まずはどんなものか行ってみて検証してみよう!
ということになり行ってきました。

そして結論から言えば。。
とってもとっても楽しかったんです〜☆☆☆
子供たちと共に母もいい歳こいてはしゃいでしまいました〜╰(*´︶`*)╯笑

訪れたキャンプ場は茶臼山の近くでとても涼しく
夜は厚めな長袖が必須なくらい冷えます。
行った日はあいにく夜は曇ってしまいましたが、
晴れた日には満点の星空が広がり
星座観測ができるくらい綺麗な夜空が楽しめるようです☆

遊具やアスレチックで遊んだり
展望台に上がって絶景を見たり
コテージではデッキでビール片手にBBQしたり

子供たちも自然の中で走り回ったり虫を追いかけたりと
のびのびとした笑顔でとても楽しそうでした☆

いや〜
先入観もなんのその
意を決して来てみて良かったー♪

次はキャンプらしく
タープを張ってテントをたてての滞在に挑戦してみたいなと思うのですが、
きっとコテージ泊より何倍も労力が必要なのでしょうね(^◇^;)

でもその分きっと楽しさも何倍だ!という根拠の無い自信もあるので(笑)
ぜひ挑戦してみたいです!

もしかしたら来年は、
「我が家はキャンパーなんで☆」と言えるくらい
どハマっちゃっているかもしれません( ̄∀ ̄)笑

Processed with MOLDIV

秋のご馳走

 

 

 

 

 

最近では 1年中出まわっているさんまですが

やっぱり この時期が一番美味しいですよね!!

塩焼きor甘露煮くらいしかレパートリーが無かったのですが

春に食べた鮎飯が美味しかったのを思い出して

作ってみました ”さんま飯”

すっごく簡単で すっごく美味しかったので

菊地流レシピを紹介しちゃいます

 

 

材料(2合分)

生さんま開き(魚屋さんで開いてくれます)・・・2尾

しょうゆ・・・大さじ2

酒・・・大さじ2

みりん・・・大さじ2

しょうがすりおろし(チューブでOK・生ならもっとOK)・・・適量

 

①さんまはオーブントースターにアルミホイルを敷いて

1000Wで10分焼きます

②炊飯器にお米と調味料を入れ 水を定量入れます

③②の上に焼いたさんまをのせて普通にごはんを炊いてください

④炊き上がったらさんまを荒くほぐしてごはんとまぜます

⑤もし 余裕があったら 三つ葉なんか散らしてください

 

できあがり!!

 

さんまは皮面を上にしてパリッと

焦げ目が付くまで焼くとこうばしくて美味しいです

 

私 調味料は量って作っていないんですがブログ的にかっこつけて

書いてしまいました。。。味見をしながら少し薄味で合わせて

炊き上がりに塩で調整するのがおすすめです

 

鍋もまな板も包丁も使わずに 手の込んだ風炊き込みごはんができました

 

一度お試しください

 

菊地ゆみこ

 

次は 関さんに教えてもらって

もっと 美味しそうな写真をアップします。。。すみません。。。

 

 

いつかの塗装体験

おはようございます。

アトリエプラスの石川です。

 

 

先日見学会をさせていただいた安城市のOB様宅、

ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!

 

当日は湿度は低くも太陽が照りつけてました。

が、

家の中に入ると風が抜けてとても涼しい。

もちろんエアコンはついていません。

温度計を見ると29度。

「え!?うそ!」と思わず声が出てしまいました。

風のおかげで体感では20度前半でした。

大事なのは実際の数字ではなく、やはり体感温度ですね。

 

 

そんなOB様邸ですが、

家の棚、ウッドデッキや、木のフェンスの塗装は

お施主さんが塗装されています。

 

見学会より前に一度お伺いした際、

「そろそろ木のフェンスの塗替え時期だから・・・」

ということで。

営業でお手伝いさせていただきました。

DSCN0483

 

 

 

 

 

 

 

 

手際よく塗り進める営業リーダー。

DSCN0486

 

 

 

 

 

 

 

 

格好が業者みたいな、斉藤さん。

 

実はイシカワは当日に聞いたのでスーツという場違い。

汚れないように、参加しました笑

 

DSCN0498

 

 

 

 

 

 

 

 

キマッてますね~(・v・)b☆

 

自然系塗料で染みこんでいくので

ムラが出にくく、いい仕上がりになりました。

 

何度も何度もお打ち合わせしたおうちは

より大切にしたいという気持ちが大きくなる。

 

 

とても良い体験でした!

入居宅見学会開催します!

岡崎市・豊田市・安城市の自然素材を使ったオシャレな注文住宅、リフォームはアトリエプラス。

おはようございます。アトリエプラスの石川です。

 

今日と明日、ウッド・アート・スタジオ(フルオーダー住宅)の見学会があり、

朝から準備をしております。

 

今回は実際に住まわれているお客様のおうちなので

ウッドアートスタジオ・アトリエプラスの家づくり、考え方だけでなく、

お客様が普段どんな生活をされているのか?

家づくりを経験された感想、苦労したこと、などなど

入居宅見学会ならではの貴重なお話がたくさん聞けます。

写真 2017-08-05 16 22 29

 

 

 

 

 

 

 

 

写真 2017-08-05 15 54 19

 

 

 

 

 

 

 

 

デッキから見える稲がとてもきれいなんです・・・!

秋になると黄金色のじゅうたんになるとか・・・(^^)

 

今日、明日で行っておりますので

ご興味がある方はこちらでご予約、もしくはお問い合わせ下さい!

 
アトリエプラスの最新情報
 リフォームをしたい
 新築を建てたい
岡崎市・豊田市・安城市のリフォームの工務店ならアトリエプラスウッド・アート・スタジオ株式会社
アトリエプラス リフォーム事業部
〒444-2123 愛知県岡崎市鴨田南町2番地15 1F
TEL.0564-83-5426  FAX.0564-83-5429
Copyright 岡崎市・豊田市・安城市のリフォーム atelier+. All Rights Reserved.

ページトップに