岡崎市・豊田市・安城市のリフォーム「アトリエプラス」のスタッフブログ

岡崎市・豊田市・安城市のリフォーム アトリエプラス
アトリエプラスの最新情報

オール電化のメリット

オール電化とは、調理、空調、給湯など家の中で使うエネルギーを全て電気でまかなう生活スタイルのことです。

オール電化を導入しようか迷っている方へ、オール電化のメリットを3つ紹介します。

まず1つ目は、電気代の節約になります。

というのも、オール電化は深夜料金というものがあり、例えば、共働きの夫婦や単身者など、夜間に電気を夜間に使うことが多い方にとってはかなりの節約になります。

また、オール電化はガスを使わないのでガス代がかかりません。

そんなの当たり前じゃないかと思われますが、電気とガスの両方を使用すればたとえガスをつかわなくてもガスの基本料金もガスの基本料金もかかります。

それを電気一本にまとめることで、基本料の節約に繋がるのです。

2つ目は、ガスよりも火災の危険性が低いことです。

IHクッキングヒーターは炎が発生しないため、万が一地震が発生した場合などでは火災が起きにくくなります。

そして3つ目は、災害の際に復旧が早いということです。

電気はガス、水道の中でも復旧が一番早いとされているので、いざというときに安心できます。

住宅計画セミナー

今日は、三嶋です。

来週7月3日(日)住宅計画セミナー in 岡崎 といことで開催します。

岡崎では、2回目になります。

新築・リフォームをすることが住宅計画ではありません。

本当にするべき住宅計画について、現状や今後の課題について、

建築するみなさんが絶対に知っておかなければならないことを、お話します。

予約制になります。HPかチラシで申込みください。お待ちしてます。

doc05693520160625171458-001 (1)

フライパンを買うのに悩んで・・・

こんにちは神谷です。

いつもフライパンを購入するのに悩んでいる私ですが、

みなさんは、どういったフライパンを使っていらっしゃいますか?

 

長年、1000円以内のフライパンを買っては3カ月ぐらいで焦げつきが

きになり、また新しいのを買うパターンを繰り返していました。

フライパン2

1年ぐらいは、もって欲しいと思い、探したところ、

エバークックというフライパンが1年保証で50万回使用できると、

うたってあったので、3500円ぐらいで買って使ってみました。

すると1年間とまではいかないまでも結構長持ちしました。

 

最近テレビで知ったのですが、フッ素塗布のフライパンを長持ちさせるには

強火で使用したり、料理したものを長時間フライパンの中に置いておくと

フッ素がはがれやすい、ということを言っていました。

えー今まで、そんなこといっぱいしてきました。

 

鉄のフライパンの購入も考えてみましたが、手入れが大変かも、とか

重たいだろうな、と思い、またエバークックを買って中火以下で料理作って、

できるだけ早く移し替えるように使ったら、もっと長持ちするかやってみます!!

 

耐震、制震、免震の違いをご存知ですか?

近年、大型地震にそなえて「耐震」という言葉をよく耳にすると思いますが、実は地震対策には、「耐震」、「制震」、「免震」の3種類があります。

耐震とは、建物の構造を強化し、地震の揺れに耐える工法です。

制震は、建物内部に振動を吸収する装置をつけ、地震の揺れを軽減する工法です。

揺れの軽減率は20~50%で、上の階に行くほど地震の揺れが大きくなる高層マンションにはうってつけです。

そして免震は、建物と地面の間に免震装置を入れ、建物と地面を切り離すことによって地震の揺れを吸収する工法です。

これによって80~90%の揺れが軽減されます。

ここで驚きなことが、耐震は地震が起こったときに建物の倒壊を防ぐ対策であり、揺れ自体を軽減するわけではないということです。

したがって、耐震構造だからといって安心していると火事や家具転倒でのけがなど、二次被害が発生してしまう可能性があるということです。

だったら免震構造にすればいいと考えてしまいますが、導入コストが大きい上、免震は設置できる地面を選ぶので、対策を考える際は十分に考える必要がありそうです。

住宅計画セミナー

こんにちは三嶋です。

三河総合住宅展も無事終わり、土曜日の住宅計画セミナーには、なんと35名の方に参加いただきました。本当にありがとうございました。少しでも今後の、リフォーム・リノベーション、メンテナンス、建て替え、の計画づくりに活かしていただければと考えています。

IMG_5872 IMG_5873

 

今回は、タイトルにリフォーム・リノベーションという言葉をつけていますが、この計画は、新築でもというより、生涯の暮らし方を計画するものなので、どなたにも必要な計画と考えています。

また、7月3日(日)に岡崎市東邦ガスショールームにて、この「住宅計画セミナー」 を開催する予定です、聞き逃したかた、是非ご参加ください。詳しくはHPにて。

豆苗 パートⅡ

160614_1857

見てください!!

先回のブログで紹介をしました

豆苗です

あれから5日後の写真です

すごい生命力ですよね~

1回目より若干細くはなってますが

サラダに添えるには十分です

味も変わりなく美味しかったです

みなさんもぜひ お試しください

                        菊地 ゆみこ

三河総合住宅展♪

写真 2016-06-18 9 41 50

こんにちは、小林です^^

先日、三河総合住宅展に

参加させて頂きました(^^♪

 

木の床材を使ったコースターや

タイルを販売

 

 

たくさんの方に買っていただきまして、、、

ありがとうございます(*^_^*)

 

店舗さんの店頭置かせて頂いているDeaieも、

「みたことある!」と言って下さる方がいて嬉しく思いました^^

これからも続けて発刊していきます!

 

リフォームや新築のご相談に、たくさん方がブースにいらっしゃいました!

何か、お家づくりの良い情報が提供できて、何か一つ知識として

増やして頂けたかなぁ…と思ってます(^^♪

 

また来年度も参加するかと思います

その時はお気軽に遊びにいらしてくださいね!

宜しくお願い致します^^

越前和紙で

こんにちは、太田です。

越前和紙ってご存知ですか?

福井県の伝統工芸品です。

愛知県にお住まいの方には美濃和紙や小原和紙の方が知名度が高いかもしれませんね。

この越前和紙を使って ”のれん” を作ってみました。

DSC_1113

 

 

 

ずっとのれんが欲しかったのですが希望通りのものが見つからず、作ってみたのですが…..

出来上がりはイメージとなんか違う。クシャっとなるのは和紙だから仕方ないんだけど、なんか気になる。

とりあえずしばらく飾ってみたら、違和感には慣れました。(笑)

でも紙なので弱く、すでに数か所破れてきてます。

 

越前和紙はいろんな製品を出していて、絵を書くような紙からハガキやクロス、1枚で飾ってもさまになるようなデザイン性の高いものまで様々です。

写真の白い方の和紙はよく見ると眼鏡の模様になっているんですよ!!!

興味をもたれた方は『越前和紙』検索してみて下さい♪

ホームパーティーのしやすい家作り

住宅リフォームは傷んだ家を修復するだけではなく、住宅の機能性を高めるためにリフォームすることも可能です。

ダイニングキッチンをアイランド型にリフォームをすると、大きなテーブルを置くことが可能になり、ホームパーティーがしやすい家になります。

キッチンでの作業性も向上するので、奥様は快適に料理を作れるようになります。

住宅リフォームをすると、ダイニングキッチンに床暖房を設置することも可能です。

床暖房にすると冬でも快適にホームパーティーを楽しむことができ、光熱費の削減にもつながります。

ビルトインエアコンの騒音がひどい場合は、リフォームをすることによって、静音タイプのビルトインエアコンにすることができます。

庭付きの一軒家の場合は、リフォーム工事をすることによって広い中庭を作ることができます。

中庭にテーブルを置くと、開放感のある明るい中庭でホームパーティーをすることができ、友達を呼んでバーベキューなども楽しめます。

中庭は家の外からは見えないので、とても贅沢なプライベート空間になります。

洗濯物も外からの視線を気にせず干せるようになります。

使いやすい玄関とは?

住宅に入るためには玄関を通って家の中に入りますが、買い物に行ったときに大量の荷物があった場合や、来訪者が多く来る場合など快適に使用できる空間であることが理想になります。

そのようなときに使いやすくあるためには、玄関の扉の大きさや下駄箱などの収納できるもの、そして荷物が多かったり大きなものであった場合や多くの人が来たときになどに窮屈でない広さが必要になります。

扉の大きさはスーパーなどで買い物をしたときの荷物や、家具や家電などの大型のものを購入したときに玄関から入りきれる程度の扉の大きさがあると使いやすくなります。

また下駄箱の収納ですが、下駄箱などをそのまま設置する場合は空間を取ってしまうので、壁面収納できるようにしておくと空間を有効活用することができます。

玄関自体の大きさの目安は一坪になり、家族が多かったり来客が多かったりするなどの場合には一坪より大きくすることで余裕が生まれるため広く感じることができます。

これらも下駄箱などの収納との兼ね合いになりますので、広さを確保するには壁面収納をするなど空間をうまく利用するようにしましょう。

 
アトリエプラスの最新情報
 リフォームをしたい
 新築を建てたい
岡崎市・豊田市・安城市のリフォーム アトリエプラス株式会社アトリエプラス リフォーム事業部
〒444-2123 愛知県岡崎市鴨田南町2番地15 1F
TEL.0564-83-5426  FAX.0564-83-5429
Copyright 岡崎市・豊田市・安城市のリフォーム atelier+. All Rights Reserved.

ページトップに